カテゴリー別アーカイブ: 生活

政府も後押しする家事代行サービス

家事代行サービスの普及を下支えする要因には、日本政府による積極的な後押しもあります。


人口減少・高齢化による労働力が減少する一方で、高齢化に伴う多大な社会福祉負担が必要となる日本が、これからも持続的に成長し、国際社会の中で競争力を持つためには労働力の確保が不可欠です。


新たな労働力の担い手として期待されているのが「女性」「外国人」「シニア」の3つです。


この内、特に最も大きな潜在労働力を持つ「女性」の活躍推進はとても重要な役割を果たします。


女性がライフステージに関わらず社会に出て活躍するためには、女性が働きやすい環境をソフト・ハード含めて整備していく必要があります。


このため、長時間労働の削減や在宅・リモートワークなども含めた柔軟な働き方の推進など様々な環境整備を進めていますが、そしてその施策の一環として力を入れているのが、家事代行サービスの普及・推進です。


女性の家事負担を軽減するための施策として、国家戦略特区における家事支援人材の受け入れ体制整備などを進めております。


きた、経済産業省は2014年7月に「家事支援サービス推進協議会」を設置し、家事代行サービス事業者向けのガイドラインを策定しました。


さらに、家事代行サービス業界の健全な発展と利用者の利便性向上と効率的かつ合理的な事業者選択を支援するために、2016年、「家事代行サービス認証」制度も創設し、運用を開始しています。


家事代行サービスの利用者は、仕事や育児に忙しい女性などですが、家事代行サービスの働き手は、家事経験が豊富なシニア層や、外国人などです。


このように、家事代行サービス市場は、利用者と雇用者という両方で、労働力確保に重要な役割を担うことが可能となるのです。


これまで、家事に縛られていた女性も、仕事や育児、プライベートなど自分の人生を楽しむことができるようになり、家事のアウトソーシングによって、女性やシニアの新たな雇用が生まれ、それが生きがいや収入につながるという、一石三鳥や四鳥にもなる、いいことづくめでのサービスなのです。


家事代行サービスで家事負担を軽減