カテゴリー別アーカイブ: 美容

手軽に出来るバストアップ法

男性にとって、女性のバストは気になる部位の一つでしょう。そのためもあってか、女性自身も、ハリのある胸にしたい、痩せたいけど胸が小さくなるのはイヤ、と考える人も多いようです。


バストアップに欠かせないのは、良質な脂肪をバストに付きやすくすることです。そのカギは血流とリンパの流れが握っております。

血液やリンパの流れを正常に保つことによって、バストアップに欠かせない、乳腺に必要な栄養素が運ばれやすくなってボリュームアップが可能となるのです。

サイズの合っていない締め付けのきついブラジャーを着けていませんか?ボリュームを出すためにバストを圧迫させるパットを入れてませんか?

こうした行為は、血行不良の原因となりますので注意が必要です。血行不良はバストのハリを損ねるだけでなく、貧乳の原因にもなるからです。

バストアップにはカラダの冷えを取ることも大切です。身体、とりわけバストを温めるには入浴が一番です。

40℃程のお湯にゆっくり浸かりましょう。乳腺を刺激するための適温は「42℃以下」と言われています。入浴時間は、じわっと汗が出るくらいの長さが理想的です。バストだけでなく、内臓が温まって短時間で基礎代謝が向上し、発汗効果がUPします。

冷たい飲み物を好む女性の多くは、冷え症です。冷水ではなく常温のも水を飲んだり、アルコールもお湯割りやホットワインなどにかると良いでしょう。


「レディーズプエラリア99%」でバストアップ

エイジングケアの方法

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。よく、25歳がお肌の曲がり角といいますが、やはり何もしなくても大丈夫だった10代〜20代前半よりも、20代後半になるにつれ、きちんとケアしている人との違いがでてきます。

お肌の曲がり角、エイジングサインは、アイラインを引かないと目力が昔に比べてなくなった、頬の毛穴が目立ってきた、口角が下がって不機嫌に見える、目元や口元が乾燥しやすい、太ったわけではないのに顎がたるんでいる、笑った後などにほうれい線が気になる。

このような症状に当てはまる人は、エイジングケアのサインかもしれません。エイジングケアのやり方としては、まずは、肌の老化を防ぐことが大切てす。そのためには、

■シャワーで顔を洗う
お風呂に入ったときに、シャワーを顔にかけて洗うと、たるみのもとになります。特に熱いお湯で洗うと乾燥の原因にもなります。ぬるめのお湯で、一度手にとってから優しく洗うようにしましょう。

■ポイントメイククレンジングを使わない
オイルクレンジングは、クレンジング力が強く、中には台所洗剤よりも強力なものも。
肌に必要な皮脂まで奪いとってしまい、乾燥からシワや大人ニキビなどの肌トラブル原因になります。
しっかりアイメイクをした時は、ポイントメイククレンジングを使って、お肌はミルククレンジングやクリームクレンジングで優しく落としましょう。

■クレンジング後コットンでゴシゴシ拭き取る
拭きとりタイプのクリームクレンジングを使った後、ティッシュやコットンでゴシゴシと拭きとると、摩擦が肌への負担になり、乾燥や肌トラブルの原因になります。
このため、柔らかいコットンをぬるま湯で濡らして、それで優しく拭きとります。素早く乳化させて、その後洗顔で落としてしまいましょう。

■油抜きダイエット
極端に油を抜くことで、油分不足でスキンケアを頑張っても常に乾燥している肌になってしまいます。また、魚やお肉を抜くことで、鉄分不足になり、血行不良で肌がくすんでしまったりも。
野菜よりも鉄分の吸収率の高いレバーやマグロを食べたり、オリーブオイルやアボカドなど良質な油を取り入れ、ツヤ肌を目指しましょう。

「ポーラエステ」のエイジングケア

脱毛サロンと医療クリニックはどこが違うの

脱毛サロンと医療クリニックはそれほど違いがあるようには見えませんが、実は、一寸違うのです。脱毛サロンと医療クリニックの違いを一言でいうなら、「施術できる範囲(内容)の広さが違う」ことです。
まずね光脱毛は、脱毛サロンでも医療クリ ニックでも行えますが、レーザー脱毛は医療クリニックのみに許された医療行為です。
このため、医療クリニックの方が、より高度で専門的な施術を受けられますが、その一方で、脱毛サロンにはも蓄積された美容ノウハウがあり、美容面を考えると、どちらが優れているとは、一概に言えないのです。
そして、脱毛テサロンと医療クリニックは、どちらが良い、悪いと二者択一で区別をつけるのではなく、脱毛の目的によって使い分けるのが賢明だと思います。
より早く、しかも、確実に脱毛効果を実感したい、肌トラブルなど万が一に備えて、医師がいる方が安心できる、と考える方には、医療クリニックがお勧めです。
一方で、レーザー脱毛より刺激の弱い方がいい、費用を安く抑えたい、パックやマッサージなど美容面のケアも受けたいなら、脱毛サロンが良いと思います。この他、脱毛部位に応じて脱毛サロンと医療クリニックを使い分けるのも方法の1つではないでしょうか。

脱毛サロン「ミュゼプラチナム(Musee Platinum)」は店舗数・売上高NO1!!

リーズナブルな脱毛サロンの見つけ方

せっかく、数ある候補の中から脱毛サロンを選んだのに、その脱毛サロンで受ける施術が、自分の肌や毛に合っているのかどうかというのは、重要な問題ですよね。
それを知るための最短の方法は、自分自身で確認することが難しい背中よりも、効果を確認することが容易な、腕や足といった部位の脱毛で、まず試してみることも一つの方法です。
また、一度は試してみたいと思っている脱毛の部位も、費用がどの程度かかるのか不明なため、なかなか踏み切れない場合もあります。
こんな時には、殆どの脱毛サロンが用意している「お試しコース」などの初心者向けプランを利用するに限ります。
これらは、期間限定で無料体験キャンペーンを実施する場合もあります。こういったコースをうまく利用すると、お得に脱毛体験できますよ。
また、集客効果をあげるために、人気部位ほどキャンペーン価格を打ち出す傾向があります。特に人気のあるワキやヒザ下・VIOラインなどは、お得な値段で施術が受けられる可能性が高く、非常に試しやすい脱毛部位であるといえます。まずは、値段の安い人気部位で試してみるというのも、お得に脱毛するためには効果的です。

「キレイモ(KIREIMO)」は全身脱毛専門のサロンです。

育毛サロンのメリットとデメリット

育毛サロンのメリットは、何といっても、専門家の指導を受けられることです。 医学などの専門知識を元にして、育毛治療を行なってもらえます。
頭髪や頭皮、健康状態なども正確に把握してもらうと共に、育毛にとって良い生活習慣の指導をしてもらえます。
市販で購入出来ない治療薬を使えることも、大きなメリットです。育毛サロンで処方される治療薬や育毛製品のほとんどが、市販で購入する事が出来ません。もちろん市販の商品に比べれば効果は圧倒的に高いものです。
専門マシンによる治療が受けられる。 高い育毛効果が期待できる専門マシンを使用した治療が受けられます。こうしたマシンは、非常に高価なものですから、当然個人が購入するという事は不可能です。
デメリット としては、なんといっても、コストが高いということに尽きるのではないでしようか。髪の毛の悩みが解決するのであれば、安い買い物と割り切る人もいるでしょうが、金額だけを見れば、決して安くはないというのが一般的な感覚でしょう。429
薄毛や抜け毛にお悩みの方は「銀クリAGA.com」で無料相談を!!

洗顔の準備

スキンケアの基本は洗顔が基準です。そのため、洗顔に関する正しい知識が必要です。なによりも、毛穴をしっかり開き、きめ細やかな泡を上手に作るのがポイントとなります。
まず、洗顔前には、顔にかかる髪をヘアバンドやタオルなどで落ちてこないようにまとめることが大切です。また、前髪の生え際まで洗えるよう、しっかり額を出すこともポイントです。
次に、ぬるま湯や蒸しタオルで毛穴を開きます。洗面器にお湯をはり、湯気を顔に当てるのも効果的です。朝など時間のないときには、ぬるま湯で何度か素洗いをするだけでも肌が温まり、毛穴が開きやすくなります。
また、肌に負担をかけない洗顔のためには、事前に必ず手を洗い、キレイな泡をたくさん作ることが重要です。そのためには、手のひらに石鹸や洗顔料をのせ、優しく空気を含ませながらきめ細かい泡を作ります。
目安は軽く角(つの)が立つぐらい、手のひらいっぱいの泡を作りましょう。泡を作るのが苦手な方は、洗顔ネットなどを使うのも良いでしょう。
濃厚【炭酸泡】洗顔料「テンデシカ」☆炭酸パック・炭酸洗顔・ピーリングで透明肌♪