カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

ランニングシューズの正しい選び方

ランニングシューズを選ぶ際、あなたはどのような選び方をしていますか?


まず、寸法。これが合わなければ話になりません。次に、色とか、かっこいいとか、可愛いが続くのではないでしょうか。


寸法だと、普段26cmだから同じでいいやとか、ランニングシューズだから一寸大きめのシューズを選ぶかもしれません。その反対に、女性の場合だと、足を小さく見せたいがために、かなりきつめのサイズを選ぶ人もおります。


しかし、ランニングシューズは、接地する際はブレーキ動作を行います。その時、シューズ内で足がずれるため、もし、シューズが大きすぎると、その動きを助長してしまい、逆に、小さすぎると、つま先を先端にぶっつけて、最悪の場合は、爪が割れたり、血豆が爪の中にできたりして、かなり痛い思いをすることになります。


そうならないためには、適切なサイズを選ぶ必要があります。それは、個人差がありますが、基本は、足の実寸から+1cm~1.5cmが目安です。
一般的なシューズは人差し指をシューズの最先端としているため、一番長い足の人差し指を基準にして、+1cm前後のサイズを選ぶと良いでしょう。また、親指が長い人は、親指を基準に+1cm前後になります。


そして、履いた後に踵でしっかりと合わせて紐を結び、立った状態で合わせた先端部分から、手の爪一つ分ほどの隙間があればOKでしょう。
また、寸法だけでなく、足の幅も合わせる必要があります。長さが合っても、横が窮屈に感じるようであれば痛くて履けなくなります。メーカーによって表記や基準が違う場合がありますが、男性なら2E、女性ならDという幅の表記が一般的なサイズです。


「かっこいい」「かわいい」「かるい」だけで選ぶと、マメを作って大変な目にあうことがあります。


軽いシューズであればクッション性が落ちて膝に直接負担が掛かります。重いシューズはその逆になります。クッション性とサポート性に優れたシューズを選びましょう。


また、どうしてもカラーバリエーションが豊富なシューズに目が行きがちですが、外見にとらわれず、自分に合ったシューズを履きましょう。


シューズ【キッズ・メンズ・レディース】通販ショップ

足の老化を防ぐには

駅の階段を上るときに太ももが疲れる、歩いていてよく躓く、手足の先端が冷えたり足がむくんだりする。あなたはこんな経験がありませんか。心当たりがある方は、足が老化している証拠です。
ごく普通の日常生活を送っていても、歳をとるとともに、足の筋力は20才代をピークに年平均で筋肉の減少量は1%ずつ減少していきます。
足腰は健康の土台となっていますので、足の筋力が衰えると、心臓疾患、静脈瘤、メタボリック症候群、血行不良 、転倒による骨折(高齢者は寝たきりになる恐れ)などといたったリスクが発生します。
足の老化を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。その答えは簡単です。足の筋肉を鍛えれば衰えを防ぐことが出来、健康と若さを保つことが出来ます。
毎日進んでいく衰えは、毎日必要量の運動を「続ける」ことによってしか防げないのです。つまり、たまに運動を行うだけとか、運動量を数値管理しない運動は意味ありません。
例えば、週1~2回公園を1時間歩く程度では、頻度が少なすぎます。駅まで毎日10分間歩く程度では、運動量が少なすぎます。週1~2回ジムで筋トレをするも、頻度が少なすぎます。駅で階段を使うように心がけても、運動量が少なすぎるうえに数値管理できません。これらは、効果が薄い運動なのです。
これに対して、効果が高い運動としては、自転車で40分間通勤、隣駅まで1時間歩いて通勤などがあります。

家庭用マッサージ器「ドクターメドマーDM-6000」