カテゴリー別アーカイブ: 脱毛

光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とは、主にエステティックサロンで施術される脱毛方法です。 毛がなくなる仕組みは、光脱毛もレーザー脱毛も同じです。


レーザー脱毛と光脱毛の違いは、レーザー脱毛のレーザーは1種類の波長の光のみを発生させて毛根の幹細胞を変性させているのに対し、光脱毛の光は単一波長ではなく、様々な波長を含む光にフィルターをかけ、 黒い色に反応する範囲の波長だけを取り出したのが光脱毛です。


このため、「毛根のメラニンに反応する」且つ「肌に害のない」光を、フィルタをかけて選択して照射することによって、毛根の幹細胞を変性させます。毛のメラニン色素にのみ反応するために、皮膚など他の組織には影響を与えないので安全です。


しかし、光脱毛効果の永久性に関しては、歴史が浅い上に各サロンによって施術法などが異なる為 、正確なデータが把握できていないのが現状です。


また、光脱毛で扱う光はレーザー光より強くないので脱毛が終了するまで何度もエステに行かなければなりません。


その他にも、レーザー脱毛の光は距離が離れていてもエネルギーが変わらないのに対して、光脱毛は拡散して徐々に弱くなっていくなどの性質の違いがあります。


家庭用脱毛器「レイボーテグランデ」

家庭用脱毛器でしてはいけないこと

せっかく高いお金を出して脱毛器を購入しても、脱毛をしてはいけない肌の状態のときに施術をしてしまいトラブルを起こしては何にもなりません。また、脱毛後に肌に負担をかけることによって、ダメージを加えてしまうこともあります。
これでは、せっかく脱毛器を使ってキレイな肌を手に入れようとしているのに、逆効果になってしまいます。
一般的に、日焼けした肌に家庭用脱毛器を使えうことはNGです。なぜなら、日焼けした肌は乾燥した状態ですので、そのような肌にフラッシュやレーザーを照射すると、肌はさらに乾燥させてしまう結果となり、とても危険です。
しかも、正常な肌に照射するよりも痛みを感じやすくなっていますので、施術中もかなりつらい思いをすることになります。
また、正常な肌でも、脱毛を行った後は乾燥した状態になっているため、直後に日焼けしてしまうような場所に行くことも危険です。なるべく、紫外線は避けた方がいいです。
同様に、熱すぎる風呂に入ることも避けましょう。これも乾燥をひどくしてしまう危険があるからです。
このように、脱毛はある程度肌へのダメージを与える行為ですので、施術前後は肌を守ることに注意しなければなりません。
また、家庭用脱毛器でIライン、Oラインや目の周りへの施術は基本的には禁止になっております。中には出力を弱くして施術している人もいるようですが、できれば避けておいた方がいいと思います。

広範囲型 【光脱毛】の家庭用脱毛器「シネラマフラッシュ」