カテゴリー別アーカイブ: 仕事

看護師転職は履歴書でアピールしょう!!

看護師が転職するにあたっては、当然のことながら履歴書を書いて提出しなければなりません。この履歴書は、求人先での採用を決定づける重要なツールとなるため、軽く考えて事務的に片付けてはいけません。


転職を成功させるために重要な役割を果たす履歴書の書き方には、ちょっとしたコツがあります。このため、適切な書き方を学んでおくことは決して無駄にはなりませんし、これが上手に書けるようになると、採用担当者の心をしっかりと掴むことができるかもしれません。


まず、履歴書を採用担当者が一見したときに、その職場に対するあなたの熱意が感じられなくてはなりません。このときから、すでに選考が始まっているといっても過言ではありません。


中には、履歴書だけで採用の可否を判断するという採用担当者もいるかもしれません。ですから、履歴書を通して、あなた個人の価値や魅力を上手に伝えたいものです。


履歴書は、黒インクのボールペンまたは万年筆で記入しましょう。文字の美しさよりも、心を込めて丁寧に書くことを心がけることが大切です。


もし、書き損じたら新たに書き直しましょう。二重線や修正液での訂正は望ましくありません。また、空欄をつくらないよう、全ての項目に記入しましょう。


注意したいのは、求人先へ提出する前にコピーして手元に残しておくことです。必ず原書を求人先へ提出しましょう。


看護師転職サイト「医療ワーカー」は2年連続支持率NO1!!

保育士の仕事とは?

保育士の仕事は、おもに子どもが基本的生活習慣を身につけられるように自立を促したり、健康管理や生活管理を行ったりする仕事です。

このため、保育士は毎日の登所から降所までの間、子供の顔つきや顔色、声の調子、行動などを常にチェックし、子供の気持ちをくみとり、一人一人の欲求を適切に満たしていくことも必要となります。

また、生理機能や運動機能が未発達な子供たちの怪我や病気を防ぐために、保育所全体を安全で清潔な状態を保つことも大切な仕事になります。

また、集団生活の中で社会性を養うことや、様々な遊びを通して心身ともに子どもの成長をサポートすることも重要な役割です。

突発的にトラブルが起きることもあるので、冷静な判断力や、子どもの気持ちを汲み取る力、また細かい観察力が必要です。

さらに、近年では、障害児保育やアトピー性皮膚炎の子供の増加や、延長保育・乳児保育などからより重要で難しい役割となってきています。

このように、保育士は、大事なお子さんを預かる仕事ですから、大きな責任のある社会貢献度の高い仕事と言えます。

「ほいく畑」は【厚生労働大臣認可】の保育士転職・求人サービスです。