EDと生活習慣の関係

ED(勃起不全、勃起障害)は「喫煙」や「生活習慣病」など生活習慣の乱れに関係していることが、いろいろな研究・調査で明らかにされています。
「勃起時の自信」の有無について調べてみると、「1日2箱以上」喫煙する人の71%、「1日1箱程度」喫煙する人の59%が、自信が「ない」と回答。
一方、「1日数本程度」「喫煙習慣なし」では自信の「ある」「ない」がほぼ半々で、1日の喫煙本数が多いほど、自信を失う傾向がみられました。
「EDの自覚」があるかどうかについては、「1日2箱以上」という人の66%が、EDかもしれないと思ったことが「ある」と回答していました。
一方、「1日1箱程度」「1日数本程度」「喫煙習慣なし」という人では、半数以下の人しかEDの可能性を自覚していませんでした。
これらのことから、タバコを多く吸う人ほど、EDになる可能性が高いことが分かります。
次に、「生活習慣病」つまり「血圧」「コレステロール」「血糖値」との関係についてみると、高めと診断された人は、そうでない人に比べて勃起時の硬さが不足気味であることがうかがえます。
特に、血糖値が高めと診断された人(つまり糖尿病の人)ではその傾向が強いことから、糖尿病は生活習慣病の中でも特にEDのリスクが高いといえるでしょう。

滋養強壮剤「シトルリンXL」

洗顔の準備

スキンケアの基本は洗顔が基準です。そのため、洗顔に関する正しい知識が必要です。なによりも、毛穴をしっかり開き、きめ細やかな泡を上手に作るのがポイントとなります。
まず、洗顔前には、顔にかかる髪をヘアバンドやタオルなどで落ちてこないようにまとめることが大切です。また、前髪の生え際まで洗えるよう、しっかり額を出すこともポイントです。
次に、ぬるま湯や蒸しタオルで毛穴を開きます。洗面器にお湯をはり、湯気を顔に当てるのも効果的です。朝など時間のないときには、ぬるま湯で何度か素洗いをするだけでも肌が温まり、毛穴が開きやすくなります。
また、肌に負担をかけない洗顔のためには、事前に必ず手を洗い、キレイな泡をたくさん作ることが重要です。そのためには、手のひらに石鹸や洗顔料をのせ、優しく空気を含ませながらきめ細かい泡を作ります。
目安は軽く角(つの)が立つぐらい、手のひらいっぱいの泡を作りましょう。泡を作るのが苦手な方は、洗顔ネットなどを使うのも良いでしょう。
シミ・しわ・ニキビ撃退には「VCOマイルドソープ」