ドックフードの種類

ペットショップやホームセンターに行くと、沢山の種類のドックフードがありますが、犬の年齢によって、与えるドックフードは変わっていきます。
カロリーが高く、離乳食から1歳くらいまで与える子犬用のドックフード、元気いっぱいに走り回るような時期に与える成犬用のドックフード、胃腸に負担をかけないように作られた老犬用のドックフードなどがあります。
このように、犬も人間と同様、年齢によって食べやすいドックフードが変わってくるので、犬の年齢に合わせたドックフードを選んであげたいものです。
また、アレルギーをもっている犬には、アレルギー対策用のドックフードがありますが、何に対してアレルギーが出るのかをきちんと調べて、ドックフードを選びましょう。

しかし、アレルギーだと気づかずに普通のドックフードをあげていると、毛が抜けてしまったり、肌がかさかさになったり、目やにが出たりすることがあります。
メタボ気味の犬には、栄養をコントロールした肥満犬用のドックフードもあります。
また、ドックフードのタイプも、ドライタイプやセミモイストタイプ、ソフトドライタイプやウエットフードと様々です。
ドライタイプは、水分が少なく、カリカリとした固形のドックフードで、長期保存も可能です。
セミモイストタイプは、水分が30%前後含まれていて、離乳食や老犬の食事に適しています。ソフトドライタイプは、ドライフードの半生タイプです。ウエットフードは、水分が多く、肉や野菜を缶詰めにしたもので、開封後は長期保存が出来ません。

このように、タイプによって保存できる期間も変わってくるので、選ぶ時はペットショップの店員さんや動物病気の獣医さんに、愛犬の様子を伝えて相談してから購入すると良いでしょう。試食品をもらって、愛犬に合ったドックフードを探すのも一手です。

「カナガン」は【イギリス最高級】のペットフード

バッグ(鞄)の種類

バッグ(鞄)には様々な種類があります。手に提げるバッグや体に巻くバッグ等などです。
バッグ(鞄)の素材は革や化学繊維(ナイロンなど)・綿・麻などを織った布が一般的ですが、加えて、金属、竹や籐の植物、ポリ塩化ビニル、ビーズなども使われております。
■ブリーフケース(アタッシュケース)
書類を入れるための鞄であり、薄い箱形をしております。硬くて薄い箱型の手提げ鞄で、革や金属製があります。
かつて大使館員、特に書記官や駐在武官が書類を携帯するのに使用していたことからこの名が付きました。
■キャリーバッグ
持ち運びにつかう小型から中型の鞄です。手に持つタイプや肩に掛けるタイプなどいろいろな形があります。一般的にはキャスターのついたバッグを指し、旅行用バッグとして利用されております。
■ トートバッグ
四角く持ち手が2本ある鞄で、多用途で用いられております。主に鞄上部(天)のみが開口部となっている場合が多く、丈夫なキャンバス生地やナイロン、なめし革などで作られており、薄手の物は折り畳んで小袋に入れ携帯出来ます。近年は、レジ袋削減及び環境保護の為の「マイバッグ」 として使用されております。
■ボストンバッグ
旅行用として多く用いられる手提げの革製鞄です。底が長方形。ボストン大学の学生達に愛用されていた事からこの名が付きました。
■ショルダーバッグ
肩に掛ける鞄で、二通りのかけ方があります。一つは、肩にかけた紐を、そのまま垂直に垂らし、バッグ本体は、同じサイドにあるというかけ方。もう一つはいわゆる斜めがけと言われるもので、 バッグ本体は、ひもをかけた肩の反対側の腰側か、もしくは、背中に回して利用します。
■スリーウェイバッグ(3WAYバッグ)
広く、手で持つ・肩にかける・背負うの3通りの携行方法のある鞄です。
■メッセンジャーバッグ
自転車で郵便物配達する人(自転車便)向けに作られた鞄です。
■ドラムバッグ
円筒状の鞄です。元はドラム(太鼓)を入れるもので、ロールボストンとも言います。ブランドのロゴが入ったものが多く、スポーツ用具入れだけでなく、 カジュアルなバッグとして旅行などにも用いられます
バック・財布の通販比較