プラセンタに副作用はある?

プラセンタを体内に取り入れるには、健康食品であるプラセンタサプリメント、プラセンタドリンク、プラセンタゼリーなどの方法の他に、プラセンタ注射として体内に直接注射する方法があります。


この内、ヒトプラセンタのサプリについては、これまで、医療機関から副作用の報告されたことはありません。また、市販されているプラセンタサプリメントやプラセンタドリンクについても、ほぼ問題ないとされています。


ただ、プラセンタにはタンパク質やアミノ酸が含まれていることから、食品と同様、アレルギー反応が起こる場合があるとされています。

このため、アレルギー体質の人や体力が著しく低下している人は、医師の管理下で服用するなど、十分な注意が必要です。

また、プラセンタ注射についても、基本的に副作用がほとんどないと言われています。

なかには、患部が赤くなる、かゆみが出る、倦怠感があるなどの軽微な副作用が現れる人もいるようですが、どの副作用の症状も、数時間から3日程度で治まると言われております。


植物性プラセンタ「穂のしずく」