保育士の仕事とは?

保育士の仕事は、おもに子どもが基本的生活習慣を身につけられるように自立を促したり、健康管理や生活管理を行ったりする仕事です。

このため、保育士は毎日の登所から降所までの間、子供の顔つきや顔色、声の調子、行動などを常にチェックし、子供の気持ちをくみとり、一人一人の欲求を適切に満たしていくことも必要となります。

また、生理機能や運動機能が未発達な子供たちの怪我や病気を防ぐために、保育所全体を安全で清潔な状態を保つことも大切な仕事になります。

また、集団生活の中で社会性を養うことや、様々な遊びを通して心身ともに子どもの成長をサポートすることも重要な役割です。

突発的にトラブルが起きることもあるので、冷静な判断力や、子どもの気持ちを汲み取る力、また細かい観察力が必要です。

さらに、近年では、障害児保育やアトピー性皮膚炎の子供の増加や、延長保育・乳児保育などからより重要で難しい役割となってきています。

このように、保育士は、大事なお子さんを預かる仕事ですから、大きな責任のある社会貢献度の高い仕事と言えます。

「ほいく畑」は【厚生労働大臣認可】の保育士転職・求人サービスです。

コメントを残す