エイジングケアの方法

エイジングケアとは、エイジング(加齢)をケア(お手入れ)するという意味です。よく、25歳がお肌の曲がり角といいますが、やはり何もしなくても大丈夫だった10代〜20代前半よりも、20代後半になるにつれ、きちんとケアしている人との違いがでてきます。

お肌の曲がり角、エイジングサインは、アイラインを引かないと目力が昔に比べてなくなった、頬の毛穴が目立ってきた、口角が下がって不機嫌に見える、目元や口元が乾燥しやすい、太ったわけではないのに顎がたるんでいる、笑った後などにほうれい線が気になる。

このような症状に当てはまる人は、エイジングケアのサインかもしれません。エイジングケアのやり方としては、まずは、肌の老化を防ぐことが大切てす。そのためには、

■シャワーで顔を洗う
お風呂に入ったときに、シャワーを顔にかけて洗うと、たるみのもとになります。特に熱いお湯で洗うと乾燥の原因にもなります。ぬるめのお湯で、一度手にとってから優しく洗うようにしましょう。

■ポイントメイククレンジングを使わない
オイルクレンジングは、クレンジング力が強く、中には台所洗剤よりも強力なものも。
肌に必要な皮脂まで奪いとってしまい、乾燥からシワや大人ニキビなどの肌トラブル原因になります。
しっかりアイメイクをした時は、ポイントメイククレンジングを使って、お肌はミルククレンジングやクリームクレンジングで優しく落としましょう。

■クレンジング後コットンでゴシゴシ拭き取る
拭きとりタイプのクリームクレンジングを使った後、ティッシュやコットンでゴシゴシと拭きとると、摩擦が肌への負担になり、乾燥や肌トラブルの原因になります。
このため、柔らかいコットンをぬるま湯で濡らして、それで優しく拭きとります。素早く乳化させて、その後洗顔で落としてしまいましょう。

■油抜きダイエット
極端に油を抜くことで、油分不足でスキンケアを頑張っても常に乾燥している肌になってしまいます。また、魚やお肉を抜くことで、鉄分不足になり、血行不良で肌がくすんでしまったりも。
野菜よりも鉄分の吸収率の高いレバーやマグロを食べたり、オリーブオイルやアボカドなど良質な油を取り入れ、ツヤ肌を目指しましょう。

「ポーラエステ」のエイジングケア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>