食べないダイエットの弊害

食事制限はダイエットには欠かせないものですが、正しいカロリーの知識を身につけたうえで、カロリーコントロールを適正に行うことが大切です。


食事制限というと、断食をする、一食抜くことを思いつきますが、健康的にやせるための正しいダイエットは、そのようなことはしません。食事制限というよりも食生活の改善を行うのです。

人間の体には、生命の維持のためのシステムがあり、例えば、一食抜くと、当然エネルギーが足りなくなるため、これまで溜めておいた脂肪を燃やしてエネルギーとして使います。

これは、至極当然のことなのですが、問題は脳です。脳はこの状況を察知すると、次にいつエネルギーが入ってくるかわからないため、生命を維持するためにエネルギーを節約しようとして、エネルギーを努めて使わない節約モードに入ってしまいます。

そうすると、消費されるカロリーが少なくなってしまいます。さらに脳は、次回の食事の時には、できるだけ多くのエネルギーを補給しようとして、吸収効率をアップさせます。

このため、同じ食事をしても、脂肪として蓄えられるエネルギーが増えてしまうことになります。

しかし、毎日、三食をきちんととれば、エネルギーを溜め込んでおく必要がないと判断してくれるため、カロリーはどんどん消費する一方で、摂取カロリーはいつもの通りに抑えてくれます。

痩せるために一食抜いて一時的に体重が減ったとしても、それは長持ちしませんし、長い目で見れば、結局はリバウンドにつながり、ダイエットを失敗へと導いてしまうのです。


「カロリストン-PRO-」は【摂取カロリーを半分】にする驚異のダイエットサプリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>