敷布団の選びのポイント

敷布団は、床にしいて眠るときに身体を預ける布団で、木綿敷き布団、羊毛敷き布団、キャメル敷き布団、化繊敷き布団などがあります。


敷布団を選ぶ際に重視すべきは、「適度な固さ」と「保温性と通気性」です。

適度な固さは、固すぎず・やわらか過ぎずです。やわらかすぎる敷布団は、広い面積で人間の体重を支えます。

これは、広い範囲で筋肉が緊張した状態となるため、疲れが取れにくくなります。逆に固すぎると、狭い範囲で身体を支えるため、一部分だけが緊張した状態となります。

普通、人は寝ている間に何度も寝返りを打ちますが、これによって、緊張する部位を変えることによって、筋肉も休息することができるのです。

保温性は熱を布団の中に蓄えるために、一方、通気性は寝ている間にかく汗をうまく放出するために重要な要素です。

木綿や羊毛などの天然素材のものは、この両方を満たしています。一方、化学繊維のものは、汗を吸収しないので通気性が悪いとされています。

敷布団を選ぶにあたっては、これらのポイントを押さえながら選んでいきましょう。


高性能掛け布団「陽だまりの休息」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>